FXMate(FXメイト)の口座開設方法、手順を画像付きでわかりやすく解説!

fxmate-top

こんにちは、FX SQUARE編集部の町田ノブアキです。

皆さんはFXのトレードをする際、どこのFX業者を利用していますか?

もしかすると、まだ口座を持っていない、という人もいるかもしれませんね。

僕はいくつかの口座を開設していますが、最近、一番頻繁にトレードで利用しているのはFXMate(FXメイト)と呼ばれる海外のFX業者です。

FXMateは、完全NDDのSTP方式、強い約定力、MT4を使った仮想通貨FXが可能など魅力的な条件が揃った業者です。特にMT4で仮想通貨FXができる業者は今のところかなり希少なので、仮想通貨に興味がある方は口座開設しておいても損はないでしょう。

 

FXMateの口座開設手順とその方法

それでは、順を追ってFXMateの口座開設手順を見ていきましょう。

1. 公式サイトへ飛ぶ

まずはFXMateの口座開設ページに飛びましょう。

口座開設ページへは、以下のリンクから行くことができます。

FXMate|口座開設ページ

今だけキャンペーン!

上記のリンクからFXMateに口座開設をすると、普通は10万円入金しなければ使えない「プロフェッショナル口座」を、10万円未満の入金額でも使うことができます。

「プロフェッショナル口座」は、スタンダード口座に比べ、より低いスプレッド・より高い約定力で使える特別な口座です。

FXMateを使ってトレードをしていこうと考えている方は、必ず、有利な条件でトレードできる「プロフェッショナル口座」で口座開設を行うようにしましょう。

fxmatesignup1

画像に振った番号に沿って、各部分の説明をしていきますね。1つずつ入力していきましょう。

① の「Individual」とは「個人」のことです。このタブが選択されていると、個人名義で登録することになります。多くの人はいじる必要のない部分ですね。法人名義で登録される方の場合は、右のタブの「Corporation」を選択しましょう。

② では、あなたがメインで使っているお金を選択します。プルダウン・メニューから、「JPY(日本円)」と「USD(米ドル)」が選べますので、「JPY」を選択しましょう。

③は、「スタンダード口座」と「プロフェッショナル口座」のどちらを使うかを選択します。上でも書きましたが、当記事内のリンクから口座開設を行う場合は、無条件で「プロフェッショナル口座」を使うことができます。プルダウン・メニューから「Professional」を選択してください。

③ どちらも入力できたら、「NEXT」を選択しましょう。

2. 個人情報の入力

fxmatesignup2

続いて、個人情報を入力していきます。

①の中にある項目は、

  • First  Name:名前
  • Last Name:苗字
  • Nationality:国
  • Gender:性別
  • Email:メールアドレス
  • Confirm Email:メールアドレスの確認
  • Date Of Birth:誕生日(例:2017/09/27)
  • Phone number:電話番号(ハイフン不要)

となっています。

ご自身の情報を、間違いのないのうに入力してください。

全部入力できたら②の「NEXT」を選択しましょう。

fxmatesignup3

次のページも、個人情報入力の続きです。こちらでは、住所を入力しています。

英語圏だと、住所の書き方って日本と逆になりますよね?

これはどう入力するべきなのかと思ってカスタマーサポートに連絡をとってみたところ、「ローマ字表記なら順番は何でも大丈夫ですよ」との答えが返ってきました。

なので、私は以下のように書きました。

  • Adress1:Tokyo-to,Sibuya-ku,
  • Adress2:Udagawa-cho 1-23-4,Machidamansion 123
  • Country:JAPAN(プルダウンより選択)
  • Zip Code:123-4567(郵便番号を入力するらしい)

一応これもカスタマーサポートに確認をとってみましたが、こんな感じで大丈夫だそうです。

すべて入力したら「NEXT」を選択しましょう。

3. 職業・年収・資産の入力

fxmatesignup4

職業と年収を入力しましょう。

①の中にある「Enployment Status」では、職業を入力します。

プルダウン・メニューにある各項目を日本語に訳すと、以下の通りになります。

  • Company executive:会社役員
  • Employee:従業員
  • Government employee:公務員
  • Organization staff:組織のスタッフ
  • Doctor/other medical experts:医師、その他の医療専門家
  • Lawyer/accountant/tax accountant:弁護士、会計士、税理士
  • School personnel:教職員
  • Independent business:自営業
  • Part-time/Temporary/Contract Employee:パートタイム、派遣社員、契約社員
  • Housewife/homedad:主婦、主夫
  • Student:学生
  • Inoccupation:無職

自分に当てはまるものを選択してください。

職業入力欄の隣にある「Annual income before tax」は、「税金を引かれる前の年収」

ドル表記になっているので、自分の年収をドル換算(執筆時点では110円程度?)して、近いものをプルダウン・メニューから選びましょう。

筆者は年収800万円程度なので、「500,000$〜1,000,000$」を選択しました。

「Savings & Investment」は、「貯蓄と投資(資産)」です。

こちらも適当する額を入力しましょう。特に調査が入るわけでもないので、ざっくりでOKです。

すべて入力したら②の「Next」を選択しましょう。

fxmatesignup5

続いて、規約の確認があります。

①の上から順に、

  • Trading Execution Risks Confirmation:FXのリスクに対する理解
  • Full Risk Warning Confirmation:投資のリスクに対する理解
  • Term & Condition Confirmation:利用規約

とっています。

リンクをクリックすると英語で規約が書かれています。「英語まったくわからないよ!」と思う方もいるかもしれませんが、書かれている内容は他の一般的な証券会社とと同様ですね。

僕は一通り目を通して問題ないと判断しましたが、どうしても気になるという方は英語辞書を片手に目を通してみてください。

すべてにチェックを入れたら、②の「NEXT」を選択しましょう。

4. 本人確認書類の提出

fxmatesignup6

続いて、本人確認書類の提出です。写真を撮る必要があるので面倒臭いですが、まあ、証券の口座開設の恒例行事ですね。テキパキこなしていきましょう。

①の「Proof of Indetification」は「本人確認書類」のこと。

カスタマーサポートに確認すると、以下の3点のどれか1つをアップロードすれば良い、という返事が返ってきました。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 顔付き証明書

②の「Proof of Address」は「住所証明書類」のこと。

こちらは以下の3点が対象になるようです。

  • 健康保険証
  • 公共料金明細
  • クレジットカード明細

①と②の枠内をクリックすると、ファイルを選択する画面になるので、該当する資料を選択しましょう。

アップロードしたら、「NEXT」を選択。

5. 内容の確認

最後に、今まで入力してきた内容の確認を行います。

fxmatesignup7

最後までスクロールしていくと「FINISH」というボタンが見つかるはず。

faxmatesignup10

これで、サイト上で行う手続きは完了です。

6. 口座開設完了の確認

ここまでの工程が完了していると、先ほど登録の登録の歳に入力したメールアドレスに、FXMateからメールが届いているはずです。確認しましょう。

以下は私のGmailの画面です。

fxmatesignup9

メールの中程に、URLがあります。上の画像の赤枠の部分です(モザイクをかけているのは、個人の情報に関わるためです)。このリンクを踏みましょう。

fxmatesignup10

一旦FXMateのサイトに飛びますが、Gmailを確認すると、もう1通メールが届いています。

FXMatesignup11 のコピー

英語なので、書かれている内容について簡単に説明を。

①の部分では、ログイン情報が書かれています。

  • Mypage:マイページへのリンクです。
  • Login id:ログインに必要なID。先日入力したメールアドレスがIDになっています。
  • Password:ログインに必要なパスワードです。

②の部分では、「FXMateのトレードには『MT4(Metatrader4)』が必要なのでということが書いてあります。1つ目のリンクは、MT4のダウンロードリンクです。

MT4とは?

最も一般的なFXトレードツールの1つ。非常に高機能だが、無料で利用できる。世界中で多くの人々に利用されている。

詳細を知りたい方は以下の記事へ。
メタトレーダー4(MT4)とは? 多くのトレーダーに使われる理由

MT4を使うにはWindows版のPCが必要になります。(一応、Macで使うことも可能ですが、その場合は仮想化が必要になります)

2つ目のリンクは、MT4のインストール方法とログイン方法が案内されているドキュメントファイルです。設定の仕方がよくわからないという方は、このファイルを参考にやってみてください。

③の部分では、MT4の自分の取引口座にログインするための情報が記載されています。

  • Server:サーバ情報です。
  • Login Id MT4:自分の取引口座のログインIDです。
  • Account password : 自分の取引口座のログインパスワードです。

まとめ

今回は、FXMateの口座開設方法を解説してきました。いかがでしたでしょうか。

英語なのでわかりにくいところもありますが、いざやってみると意外とあっさりしていたかと思います。

10万円以下の資金からでもプロフェッショナル口座が使えるキャンペーンは、以下のリンクからでも参加することができます。

FXMate|口座開設ページ

ぜひ、みなさんのトレードライフにお役立てください。