よく効くトレンドラインの引き方を、画像と動画でわかりやすく解説!

how-to-draw

こんにちは、FX SQUARE管理人の星野です。

皆さん、元気にトレードしていますか?

今回は、市況を見極める上でとても役に立つ、トレンドラインに関するお話です。

多くの方がトレードを行う際にMACDやボリンジャーバンドなどのテクニカル指標を使っていますが、トレンドラインがきちんと引けるようになれば、これらのテクニカル指標を使わなくてもトレードを行えるようになります。いわゆる、ライントレードというやつですね。

今回は、トレーダーにとって必要最低限のスキルであり、きちんと一生もののスキルになる、「トレンドラインの引き方」について書いていこうと思います。

そもそもトレンドラインとは何か

トレンドラインとは、相場の方向性(トレンド)を確認するために引く線のことです。

トレンドラインが右肩上がりなら上昇トレンド、右肩下がりなら下降トレンドということになります。ラインが水平に引かれる場合はレンジ相場(保ち合い相場)なので、トレンドラインとは呼びません。

チャートを見てみるとわかると思いますが、相場は常に波を打つように形成されています。トレンドラインがきちんと引けるようになると、相場が波打つタイミングや、大きく転換するタイミングが計りやすくなるので、無意味なエントリーを避けたり、大きく利益を得られたりするようになります。

トレンドラインの引き方

トレンドラインの引き方はとても簡単です。基本的には、チャート画面で高値と高値、安値と安値を結ぶだけです。

高値、安値の言葉の意味がわからないという方は、以下の記事の「ローソク足は何を表しているの?」という項を参考にしてください。

なお、トレンドラインは、上昇トレンドと下降トレンドのどちらに引かれるかによって名前と引く位置が変わります。

上昇トレンドの場合は「サポートライン(支持線)」

上昇トレンドに引かれるトレンドラインはサポートライン(支持線)と呼ばれ、安値と安値を結んでローソク足の下側に引かれます。

サポートラインの引き方サポートラインの引き方の例

イメージとしては、トレンドを下から支える(サポートする)といった感じでしょうか。

下降トレンドの場合は「レジスタンスライン(抵抗線)」

下降トレンドに引かれるトレンドラインはレジスタンスライン(抵抗線)と呼ばれ、高値と高値を結んでローソク足の上側に引かれます。

レジスタンスラインの引き方レジスタンスラインの引き方の例

反対側には引かないの?

トレンドラインは基本的にローソク足の上下どちらかに一本だけ引きます。「反対側には引かないの?」と思った方もいるかもしれませんが、トレンドラインの場合は片方だけでOKです。

トレンドの上下に線を引く場合は、チャネルラインと呼ばれ、技法としてはトレンドラインよりも応用的なものになります。

チャネルラインチャネルラインの例  

トレンドラインだけ引くか、反対側にもう1本引いてチャネルラインとするかは個人の自由ですが、勘違いしてほしくないのは、線が1本増えたからといって勝ちやすくなるわけではない、ということ。

FX初心者の中には、「手法は複雑にすれば複雑するほど精度が高まる」と考えている方がけっこう多いですが、これは大きな勘違いです。

トレンドラインとチャネルラインを比較した場合、ラインが1本増えることで変わるのは精度ではなく視点や取り組み方です。FXの手法を比較する時に重要なのは、どちらの方が良いかではなく、どちらの視点や考え方が自分に合っているか、ということ。電動歯ブラシより普通の歯ブラシを使った方がきちんと歯を磨ける人もいるのです。

トレンドラインの引き方のコツ

トレンドラインの引き方に明確なルールや答えはありません。しかし、引く上で意識しなければいけないことはあります。それは、多くのトレーダーが引きそうなところに引く、ということ。

相場は、多くの市場参加者の心理や行動によって形成されます。多くの市場参加者がラインを引いている箇所というのは、それだけ多くの市場参加者に意識されているということになります。つまりそこにきちんとトレンドラインを引くことができれば、相場の方向性を見極めるのにとても役立つということになります。

ラインの引き方がよくわからないという方は、以下に挙げるポイントを意識しながら引いてみましょう。

1. 可能な限りトレンドのでき初めから引く

トレンドラインは長ければ長い方がきちんと機能します。できるだけトレンドの初めから引くようにしましょう。

「トレンドのでき初めからラインを引くと、他の高値(安値)とうまく結べなくなっちゃうんだけど……」という場合もあるかもしれませんが、むしろそのような場合は、トレンドラインを引くべきではないかもしれません。

なぜならそのラインの引き方には、あなたの都合が大きく関与してしまっているからです。

あなたはそこにラインを引くかもしれませんが。しかし、他の市場参加者は「今回はスルーだ」と思うかもしれません。

あなたと同じところに他の多くのトレーダーがラインを引けば、あなたの引いたラインは「効く」トレンドラインになりますが、スルーするトレーダーが多ければ、あなたの引いたラインは「効かない」トレンドラインになります。

以上のことを踏まえると、個々の裁量によって引くか否かが分かれそうなポイントは、「多くのトレーダーが引きそうなところ」ではありません。

「トレンドの初めから引けるところ」と「引けないところ」。正確な統計をとったわけではありませんが、前者の方がより多くのトレーダーにラインを引かれると想像するのは難しいことではないでしょう。

2. なるべく多くの支点を結べるように引く

上に続き、これも大切な要素。

トレンドラインを引く際には、高値と高値、もしくは安値と安値を結びますが、この時に結べる箇所(支点)が多ければ多いほど、そのラインが持つ信憑性は高まります。

たとえば、以下のようなものですね。

支点の多いトレンドライン支点の多いトレンドラインの例

上の画像の場合、支点が5つもあるので、かなり効いているトレンドラインと言えるでしょう。

逆に言えば、既に効いているからこそ、そのラインで何度も反応し、たくさんの支点が結べるようになるのです。

多くの点を結んでいるラインは多くのトレーダーに注目されやすく、機能しやすいので、取引のタイミングを見極めるのにとても役立ちます。

3. 角度を意識する

上でも書きましたが、トレンドラインは相場の方向性を見定めるために引くラインです。そのため、ラインの角度は水平でなく必ず斜めになります。

ラインが水平に引かれる場合、相場はレンジ(保ち合い)の状態にあるため、そのライン周辺をトレンドラインを見るときと同じ視点で見たり、同じように考えたりすることはできません。トレンド相場にはトレンド相場の、レンジ相場にはレンジ相場の固有の考え方や戦略があります。それを混合させてはいけません。

そういった意味でも、トレンドラインはある傾斜がある時にのみ引いた方がいいでしょう。もちろん、「○○度以上がトレンドである」などという明確な定義はできないので、最終的には個人の裁量になってしまいますが、「これはちょっと微妙だな」という場合は無理に引かなくてもいいでしょう。

また、相場の暴騰・暴落により、ラインが水平でなく垂直に近い角度になってしまうこともありますが、この場合もラインを引くのは避けた方がいいかもしれません。というのも、暴騰・暴落の直後は相場が荒れるので、ラインを引いても相場が読みにくいことが多いからです。

4. ダウ理論を意識する

ダウ理論とは、19世紀アメリカの証券アナリスト、チャールズ・ダウによって提唱された理論です。

ダウ理論について詳しく説明すると、それだけで相当な文字数になってしまうので割愛しますが、簡単にいえば、株相場や為替相場などトレンド性のある相場のクセを理論化したものということになります。

相場に関する理論にはさまざまなものがありますが、ダウ理論は数ある理論の中でも特に認知度が高く、基礎的であるがゆえに世界中多くのトレーダーから意識されているので、この理論を意識してトレンドラインを引けば、自然と「効く」ラインを引くことができます。

ダウ理論を意識してラインを引くときは、ダウ理論の「トレンドの定義」を意識します。

上昇トレンドの定義

ダウ理論における上昇トレンドの定義は、高値と安値がその前の高値と安値を連続して切り上がっていること。画像で説明すると以下のようになります。

trend-teigi

安値①より安値②が高く、かつ、高値①よりも高値②の方が高い場合、安値①と安値②をつないだトレンドラインを引くことができます。その後も直前の安値、高値をそれぞれ更新していれば、トレンドラインが効いている状態となります。

しかし、リアルの相場でこのような綺麗な波が描かれるケースはまれです。

実際は、2つ目、3つ目の安値でトレンドラインが反応せず、ラインを割って下落することがよくあります。

trend-change

上の画像のようになった場合、元のトレンドラインは効いていないと判断することができます。しかし、上昇トレンドが発生した際の値上がりの起点となった安値を切らず上昇し、高値を更新した場合、上昇トレンド継続と見なし、新しいトレンドラインを引くことも可能です。

trend-keizoku

元の高値①②③をまとめて一つの山とみるイメージですね。

下降トレンドの定義

ダウ理論における加工トレンドの定義は、基本的に、上昇トレンドと真逆です。高値と安値がその前の高値と安値を連続して切り下がっていれば、下降トレンドの継続と見なします。

down-teigi

下降トレンドも、一旦途中に大きな上昇を挟んだとしても、下降トレンドが発生した際の値下がりの起点となった高値を切らないで下降を続ければ、下降トレンド継続と見なします。


上でも書きましたが、ダウ理論は世界中のトレーダーにもっとも意識されている理論であり、この理論を基準にトレンドラインを引くか否かを決めているトレーダーも多いです。

ダウ理論的にトレンドラインが引けるかどうかを考えることは、引かなくていいところ(引いても大して効かないところ)にラインを引く回数を減らしてくれます。ダウ理論をしっかりと意識し、機械的にラインを引いていけば、より的確なトレードを行うことができるでしょう。

ダウ理論を意識したトレンドラインの引き方を動画で見てみる

以下は日本最大のFXトレーダー養成コミュニティ「コツコツ」の代表を務める方から提供して頂いた画像です。

コミュニティの会員さん向けに作られた動画なので、会員さんに向けた発言が一部されていますが、実際にFXで稼いでいるトレーダーのラインの引き方を見ることができるので非常に勉強になると思います。

※ 動画内で使われている「ホームページ」とは、「コツコツ」の会員さん限定のHPを指すものです。当サイト「FX SQUARE」のことではありません。

ちなみに、コツコツって何だよという方は以下の記事を参照。

トレンドラインのブレイクは大きな利益を得るチャンス?

上で説明したダウ理論によれば、トレンドとは、高値と安値がその前の高値と安値を連続して切り上がっている(切り下がっている)状態のことです。

つまり、最新の高値と安値がその前の安値と高値を切り上がることができなければ、ダウ理論的にはトレンドが継続できていない(終わりを迎えようとしている)ということになります。

どんなトレンドも永遠には続きません。最終的には弱まり、それまで跳ね返されていたトレンドラインを突破(ブレイク)して新しいトレンドを形成し始めます。

トレンドラインのブレイクは相場にとって1つの転換点になるため、相場が大きく動きます。特に長く機能してきたトレンドラインがブレイクする時は、その変動も大きなものになり、トレーダーにとっても利益を狙いやすいポイントになります。

ライントレードをしている方は基本的にトレンドラインのブレイクを狙ってエントリーを行いますね。

トレンドラインに関するよくある質問

ちょっとトレンドラインに関するFAQ的なものを用意してみました。

Q. トレンドラインはヒゲで引く? 実体で引く?

A. 個人の感覚に寄ると思います。明確な答えはありません。ヒゲベースで引くことと実体ベースで引くことのどちらが正しいかで議論をしている方々をたまに見かけますが、不毛な議論です。

個人的には、基本はヒゲベースで引きますが、多少はヒゲが引いたラインを抜けていても仕方がないと考えています。ただし、ラインが実体を横切ってしまうようであればラインは引きません。スルーするようにしています。

個人的には、トレンドラインについては多少ルーズに考えられた方がいいと思います。たとえば、ヒゲの先端がラインに微妙に触れていなかったとしても、ごく近くまで来ていれば反応している見ていい、といった感じです。それくらいの余裕が持てた方が、不慮の事態にも対応しやすくなるでしょう。

勝てないFXトレーダーには、絶対主義者(考え方が堅く、融通が効かない人)が多いです。私が上で「不毛な議論」と評したのはこのためです。

Q. トレンドラインを引くことに何のメリットがあるの?

A. 一番のメリットは、相場観が養われることでしょう。また、きちんとトレンドラインを引くことができるようになれば、トレンドの発生・継続・転換を視覚的に把握できるようになるので、「ここでエントリーすべきか否か」を判断しやすくなります。無駄なエントリーや、無駄な負けを減らすことができるでしょう。

Q. トレンドラインにもダマシってあるの?

A. あります。個人的に、ライントレードは数あるトレード手法の中で最も優位性の高いものの1つだと思っていますが、それでも万能ではありません。

長く続いていた上昇トレンドがブレイクしたから相場が降下すると思った矢先、大きく上昇することも時にはあります。

このような場合に大きな損失を被らないためにも、基礎的なことですが、エントリー時には必ず損切注文を入れておきましょう。

また、短い時間足で「ダマシに遭った!」と思っても、上位足ではまだトレンドが継続していて、きちんとトレンドラインが機能している、ということは多々あります。

このような場合は環境認識をきちんとすればダマシを回避できます。複数の時間足で相場を多角的にとらえることは、どんな方法でトレードをする場合にも重要ですね。