利大損小の原因?「プロスペクト理論」とは?

プロスペクト理論とは 人間の行動を制約する 利小損大の心理のことである。

10万円儲けた時と 10万円損したとき、 この二つを比べると、 人間は損した時の痛みの方を 強く感じるのだ。 この心理は根深い。

人間の行動を制約しているとも言える。 人間の行動には、 このような制約があり、 この制約のもとで、 間違った判断を下すことがある。

1.プロスペクト理論とは?

カーネマンとトヴァスキーによって提唱された意思決定理論のこと。 利小損大の心理とも言われる。 これだとよくわからない。

ザックリ言うと、 ・1万円を拾って儲けたときのその喜び ・1万円を落として損したときの悲しも この2つを比べると、損したときの悲しみの方が、 喜びよりも大きいということ。 感情に絶対値の感覚をあてはめて、 1万円拾った喜び(の絶対値)<1万円落とした悲しみ(の絶対値) ということ。

これは、感覚的に共感できると思う。

1万円拾っても、まあうれしいくらいだけど、 1万円落としたら、その悔しさ悲しみは、 一生忘れないかもしれない。 これが、プロスペクト理論だ。

2.人間の行動を阻害する心理 この理論・心理が人間の行動をどのように邪魔するか。

次の例を見てほしい。

【例】 AとBのどちらを選ぶ?

A:確率2/3で6万円もらえる。 確率1/3で3万円損する。

B:2万円もらえる。 さあ、どうだろうか。

Aの「確率1/3で3万円損する。」というところが、 気になってBを選ぶ人が多いのではないだろうか。 たぶん私もこのような選択を迫られたらそうするだろう。

だけど、合理的に考えるとどうなるか。 いわゆる期待値はどうなっているのか。 Aの期待値は 6万×2/3 + (△3万×1/3) = 3万円 である。 一方Bの期待値は2万円である。 Aの期待値の方が大きい。 ということは、合理的に判断すると、 Aを選んだほうが儲かるのである。 だけど、多くの人(いやほとんどの人)は、 Bを選ぶ。 なぜなら、3万円の損がいやだから。

この例で、Aが、 A:確率2/3で9万円もらえる。 確率1/3で3万円損する。 としたらどうか・ この期待値は5万である。 それでも、Bを選ぶ人が多いのではないだろうか。 この例はどちらも、Aを選ぶことが正しいのである。

人生の様々な決断・選択の際に、 これと同じような選択を迫られた場合に、 Aを決断しないと、負けてしまうのである。 でも、人はBを選択してしまう。 要するに、3万円損するという心理負担が、 合理的な判断を狂わせているのである。

この現象は、人生の様々な局面で発生する。 株式投資などはその最たるものといえる。 儲けてもあまり喜びは感じないのに、 ちょっとした損が非常に苦痛になる。 その損がいやだから、 株価が下がっても、売却して損を確定することができずに、 そのまま株を持ち続けて、 塩漬けにして、 損失額を見えないようにする。 このようなことを、いつのまにか、行っているのである。

3.プロスペクト理論から解放されるために

プロスペクト理論からのがれるためにはどうしたらよいのだろうか。 人間だから難しいということは、しっかりと認識したうえで。 期待値の考え方を身に付け、 使いこなすことが大切だと思う。 上記の例では、期待値を計算して、 冷徹にAを選択できる人間は強いし怖くさえある。 株式投資の損切りのときなどは、 「事前にいくらまで下がったら自動的に売って損を確定させる」 などのルールで縛ることも有効だろう。

そして、人間はマイナス・損を過大に評価して、恐れるという 習性をよく認識しておくことも必要だ。 この修正を頭にいれて、冷静に期待値を計算して、 決断を下す人間。 とてもクールでシャープで強力である。 こ